【空母建造プロジェクト】 日報 株価指数CFD NASDAQ100【NDX】2020年11月3日終値 米国大統領選挙投票日

【あらすじ】

物語の主人公エディは、
株価指数CFD ナスダック100【NDX】への投資を決断した。

「コロナバブルは必ずはじける」という大局観に立ち、
底値買い(ロングエントリー)の好機を虎視眈々と狙っている。

底値買いのタイミングを見定める活動。
これを物語では「空母建造プロジェクト」と呼ぶ。

エディ
百年戦争の勝敗は、空母建造の成否にあり。

必勝法は、底値でロングエントリーすることだ。

マリア
ロングエントリーのタイミングは、下記の底値の条件を満たす時と致します。

日次終値が、ペリドットウェーブを下回った時。
かつ、マリアRCIが、マイナス240%以下となった時。

2020年3月のコロナショックを分析した結果、
上記を底値の条件として想定することに致しました。

最新の日次終値が底値の条件に該当するのかどうか、
この日報で確認してまいります。

それでは、最新情報をグラフで示します。

ペリドット
グラフは、2020年11月3日(火)米国大統領選挙投票日終値現在です。

株価指数ナスダック100【NDX】
日次終値 11279.91 に対し、ペリドットウェーブ 9205.57 です。

したがいまして、条件非該当です。

マリア
一方、マリアRCI マイナス160% です。条件非該当です。 

報道によると、株価指数が大幅上昇した原因は、
民主党バイデン候補の優勢が伝わったためとされています。

しかし、開票開始後、
再選を目指す現職の共和党トランプ大統領の追い上げが顕著です。
大票田のフロリダとテキサスはトランプ候補が獲得しました。

異例の大接戦となっています。
大統領選の勝敗が確定するまで時間がかかりそうです。
郵便投票の集計に要注目です。

エディ
まとめると、ペリドットウェーブもマリアRCIも、ともに条件非該当。

底値の条件に合致していないことが判明した。

ロングエントリーのタイミングはまだ先だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です