【薔薇の艦隊】 米国株S&P500指数ETF【IVV】 指数アウトパフォームかつ有配銘柄 -神聖アケルナル帝国分析-

Ⅰ)神聖アケルナル帝国分析

エディ
執事ドルチェ、先週の監査対応、誠に大儀であった。

褒美として一週間休暇を取らせる。

ゆっくりと休むがよかろう。

ドルチェ
ありがたき幸せにございます。

殿下、畏れながら、申し上げます。

エディ
何なりと申すがよい。
ドルチェ
この機に、宿敵「神聖アケルナル帝国」の内情を探るのはいかがでございましょう。

古来より「彼を知り己を知れば百戦殆からず」と申します。

エディ
孫子の兵法だな。

Ⅱ)指数アウトパフォームかつ有配銘柄

ドルチェ
読者の皆様にあらためて。

宿敵「神聖アケルナル帝国」とは、
当ブログでベンチマークとしております「米国株 S&P500 指数」を意味します。

エディ
ドルチェ、内情を探る、ということは、
つまり、米国株 S&P500 指数の構成銘柄を分析する、ということだな。
ドルチェ
仰せの通りでございます。
ローズ
構成銘柄のなかには、
優れた銘柄もあれば、そうとはいえない銘柄も含まれているわ。
エディ
その通りだ。

ならば、優れた銘柄だけを抽出し、
それを薔薇の艦隊に組み入れれば、宿敵に勝てるということではないか。

ドルチェ
殿下、そこで、密かに草を放ち、内情を探らせたのでございます。
エディ
話が早いな。
ドルチェ
こちらが、その調査結果でございます。

※画像をクリック拡大してご覧いただけます。

エディ
私の顔写真を勝手に使うな!

まあよい。

①指数をアウトパフォームしていること。
かつ、
②有配であること。

構成比率上位100銘柄から抽出すると、こういう結果になるのか。

ローズ
ドルチェ、なかなかやるわね。

こう見ると、やはり情報技術(IT)の業種が多いわね。

ドルチェ
このうち、薔薇の艦隊に配備されているのは、

主旗艦マイクロソフト【MSFT】、
第一副旗艦ビザ【V】、
第二副旗艦マスターカード【MA】となります。

エディ
今は情報技術が全盛だが、この先、どうなるかわからんぞ。

都度、宿敵の内情を探り、あるべき姿を追求し、
薔薇の艦隊の編成を最適化させていくことが重要だ。