【神速名言】 堀江 貴文 【実業家 / 1972-】

「できるかぎりの幸福を目指してがんばる」というのは、
じつは矛盾している。

より大きな幸せを追求してがんばるということは、
そのプロセスにおいて苦労や苦痛も大きくなることを意味するからだ。

だから本当に大切なのは、
幸福量と苦痛量の「 * 」をしっかりと見定めることだ。

逆説的に聞こえるかもしれないが、
人間は幸福を最大化しようと躍起になるほど、
じつは不幸になるようにできているのだ。

堀江貴文著「時間革命 1秒もムダに生きるな」より引用



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です