【王立美術館】 天の至宝展 2020 【ペルセウス座 カリフォルニア星雲】

Ⅰ)天の至宝展 2020

エディ
おかげさまをもちまして、
この11月で王立美術館の設立満一周年を迎えました。

コロナ禍からの力強い回復を祈念し、
ここに「天の至宝展 2020」を開催します。

ローズ
夏の流星群で知られるペルセウス座。
天の至宝展2020では、そのペルセウス座にある星雲
「カリフォルニア星雲」を展示いたします。

Ⅱ)ペルセウス座 カリフォルニア星雲

ドルチェ
執事ドルチェです。

和歌山県みなべ町へ遠征し、カリフォルニア星雲を撮影してまいりました。

この星雲は肉眼では見えませんが、
撮影するとエイチツー領域と呼ばれる赤い姿が確認できます。

備忘録として、撮影データを記載します。

【撮影対象】ペルセウス座 カリフォルニア星雲(NGC 1499)
【撮影日】2020年11月15日(日)
【撮影地】和歌山県みなべ町
【撮影機材】
①カメラ Canon EOS 6D(冷却改造)
②レンズ Mamiya A 300mm F2.8 APO
③赤道儀 Vixen GPD
【気温】9℃

カリフォルニア星雲です。
名前の由来は、米国のカリフォルニア州の形に似ているから、とされています。

「いや、それを言うなら、島根県の形に似ている!」という日本人もいるとか。
その気持ちはよくわかります。

この星雲、1884年(明治17年)に発見されたのですが、
発見者はアメリカ人です。
米国の天文学者、エドワード・エマーソン・バーナードが発見しました。

そういうわけで、命名の際、どうしても自国優先になりますね。

私の撮影機材です。
天体写真は淡い光を被写体とするため、
光をできるだけ多く取り込むためには長時間の露光が必要となります。

露光中に星は日周運動で動いていきますから、
星を点として写すためには、星の動きを追いかける機械が必要となります。
この機械を赤道儀といいます。

写真でいうところの、白い機械が赤道儀です。
赤道儀は星の動きを追尾するためにあります。

日周運動の軸となる「天の北極」にきちんと合わせるのがポイントです。
これを「極軸合わせ」(Polar Alignment)といいます。

被写体(今回はカリフォルニア星雲)にカメラを向けるのは、
極軸合わせが終わってからとなります。

手間のかかる撮影だけに、撮影が成功した時の喜びはひとしおです。

Ⅲ)京都 下鴨神社

ドルチェ
和歌山遠征の帰途、昨年同様、京都の下鴨神社を参拝しました。

まず、境内参道の「糺の森」(ただすのもり)を散策しました。

早朝の糺の森。ゆったりと森林浴を楽しめます。

森の精霊が心を癒してくれます。
ひんやりとした朝風が、森の香りを運んで心地よい。

晩秋に萩の花とは珍しい。

ドルチェ
参道の手水舎で身を清め、下鴨神社を参拝しました。

楼門の門塀から望む社殿。日本の美を感じます。

下鴨神社の御由緒です。世界文化遺産として日本の誇る宝です。

銀杏の黄色が印象的。
鮮やかであるが故に悲しい色。散った後の冬の到来を想起させます。

空を見上げると、色の競演でした。

ドルチェ
実は、私の撮影機材には、下鴨神社のステッカーが貼ってあります。
御朱印にも描かれる神紋「双葉葵」のステッカーです。

そういった経緯もあり、
撮影成功の感謝を申し上げる目的で、撮影後、下鴨神社を参拝する。
これがマイルール(my own personal rule)となっています。

2 件のコメント

  • エディ王子様、こんばんは^ ^
    今年も「天の至宝展」の開催嬉しく思います。
    昨年のぎょしゃ座の写真も素敵でしたが
    今年のカリフォルニア星雲は更に神秘的な写真ですね。
    天候もそうですが自然を撮るのは
    とても大変だと思います。
    貴重な写真をありがとうございました。
    下鴨神社、今年も紅葉がとても綺麗ですね
    カメラワークに感心してしまいます。
    たくさんの美のお裾分けありがとうございました。

    • mackeyさん、こんにちは。
      薔薇の艦隊のエディです。
      至宝展へのご来訪、ありがとうございます。
      「美のお裾分け」
      とても良い表現ですね。写真を公開して良かったと感じます。
      当ブログの本題は、あくまでも米国株への投資ですが、
      趣味の話題として天体写真をこうして載せています。
      自然を相手に撮影するのと、
      市場を相手に投資するのと、
      それぞれ意味合いは異なりますが、
      共通しているのは、そこに向き合っている自分の心のありようが問われます。
      だからこそ、心静かに祈ることのできる神社のような神聖な場所は貴重ですね。
      己の信じる美に向かって、少しでも近づいていけるように努力していきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です