【銘柄格付】 三菱重工業株式会社【JPX: 7011】MHI: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. 2019年10月25日終値

エディ
常にあるべき姿を追求し、変えるべきは変えていく。

そして、薔薇の艦隊は、必ず百年戦争(人生百年時代)に勝利する。

銘柄格付を通して、前途有望な米国株銘柄を探求しよう!

※今回は、米国株ではなく、日本株を取り上げます。

ドルチェ
今回は、三菱グループ御三家の一角、日本最大の機械メーカー、
三菱重工業株式会社【JPX: 7011】を独自基準で銘柄格付します。

【データソース】株価推移は Bloomberg、財務推移は Morningstar です。

Morningstarに準拠し、フリーキャッシュフローを下記の通り定義しております。

【フリーキャッシュフロー】=【営業キャッシュフロー】-【設備投資】

Ⅰ)株価推移 直近五年 ※橙はS&P500指数ETF【IVV】


●IVVは、2019年10月25日終値(日本時間2019年10月26日 5:00)
●7011(三菱重工業)は、2019年10月25日終値(日本時間2019年10月25日 15:00)

Ⅱ)財務推移 直近五年

Ⅲ)審査

①【株価推移】
直近五年でS&P500指数をアウトパフォーム
※最新終値ベース

→非該当: 加点なし(0点)

②【売上高】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

③【フリーキャッシュフロー】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

④【配当総額】
直近五年で一貫して有配かつ増配
※増配は一株ベースではなく総額ベース

→非該当: 加点なし(0点)

⑤【フリーキャッシュフロー / 売上高】
直近五年で一貫して20%以上を維持

→非該当: 加点なし(0点)

エディ
今回は、米国株ではなく、日本株を取り上げる。

明治時代の実業家、岩崎弥太郎が創始した三菱財閥。

三菱重工業【JPX: 7011】は、その系譜を継ぐ、
日本を代表する名門企業のひとつである。

重厚長大産業のリーディングカンパニーとして、
1884年の創立当初から、日本政府と密接な関係を維持し、
政府の近代化政策をサポートしてきた。

2013年公開のアニメ映画、宮崎駿監督の「風立ちぬ」は、
三菱重工業の技師、堀越 二郎の物語である。

堀越 二郎は、第二次世界大戦の零式艦上戦闘機、
いわゆる「零戦」を設計したことで有名だ。

(※映画「風立ちぬ」の公式ウェブサイトは下記リンクをご参照ください。)

戦後74年、令和の現在はどうか。

2019年10月1日現在、同社の機構図によると、
三つのドメインを編成している。

①パワードメイン
(原子力事業等)

②インダストリー&社会基盤ドメイン
(造船・交通システム・物流・エンジン・工作機械等)

③航空・防衛・宇宙ドメイン
(民間機「MRJ」・戦車・潜水艦・戦闘機・宇宙ロケット「H-IIB」等)

財務推移をみると、重厚長大産業にふさわしい動きをしている。
成長の足取りは重い。

政府とともに日本を支え続ける企業として、
これまでも、これからも、なくてはならない存在であることは確実だ。

しかし、投資妙味があるかどうかは、正直微妙である。
株価の長期低迷が、市場の回答だ。

宮崎駿監督映画「風立ちぬ」公式ウェブサイト

Ⅳ)格付 ※最高評価は五つ星。最低評価は星なし。

ローズ
厳正なる審査の結果、三菱重工業株式会社【JPX: 7011】の格付は【星なし】となりました。
ドルチェ
個人の感想です。運用成果を保証するものではありません。

投資決定は自己責任でお願いいたします。

4 件のコメント

  • 今朝のお目覚めはどの様な御様子でありましょうか?エディ王子様。
    ねずみ男でございます。
    最近の私は、エディ王子様のおかげをもちまして
    勉強、勉強、また勉強の毎日でございます。
    (ホロウクラウンも残すこと後一枚です)
    私事で恐縮ですが、三菱重工業株式会社【JPX: 7011】とティファニー【TIF】は
    一旦利確しておきました。
    エディ王子様の銘柄格付けと財務についての記事でこのねずみ男、蒙が啓かれたのでございます。
    後日改めてお礼申し上げます。
    その時には、マリオット・インターナショナル【MAR】の事などを伺いとうございます。
    良しなに。
    この度は拝謁を賜り、誠にありがとうございました。

    • ねずみ男さん、こんばんは。

      薔薇の艦隊のエディです。

      ご無沙汰しております。

      おかげさまで、元気に過ごしております。

      「勉強、勉強、また勉強の毎日でございます。」

      素晴らしいですね。教材はなにを使われておられるのでしょうか?

      もしよろしければ教えてください。

      「(ホロウクラウンも残すこと後一枚です)」

      映画鑑賞がお好きなねずみ男さんのこと、そう来ると思っていました。

      後一枚、ということは、相当な時間を費やされましたね。

      最後の一枚が、これまた圧巻です。ご堪能ください。

      「三菱重工業株式会社【JPX: 7011】とティファニー【TIF】は一旦利確しておきました。」

      ティファニーの株価暴騰、ねずみ男さんにとっては、まさに「天祐」でしたね。

      おめでとうございます。利確は正解です。

      「マリオット・インターナショナル【MAR】の事などを伺いとうございます。」

      はい、承知いたしました。なんなりとお問い合わせください。

      米国株を銘柄格付で紹介している以上、その優位性を示すためには、
      やはり、米国株以外と比較する必要があると思い、
      最近、日本株に注目しています。

      三菱重工業のことは、映画「風立ちぬ」を見てから気になっていました。

      ねずみ男さんとの出会いがきっかけで、米国国内にとどまらず、
      欧州防衛三巨頭を始め、広い視野で見つめることが大事だと認識した次第です。

      出会いに感謝いたします。ありがとうございます。

      映画「風立ちぬ」の主人公が、次のように言っていました。
      「この国はどうしてこう貧しいんだろう。」
      この言葉が、私にはとても印象に残っています。
      現在の日本も、徐々に貧困化が進行しています。
      これまでの感覚で「普通」に暮らしていたら、貧困層に転落してしまう危険があります。
      「普通」の概念が変化しています。

      投資の学習は、人生百年時代を生き抜く上で、もっとも重要なことといえるでしょう。

      これからも、よろしくお願いいたします。

  • エディ王子様、御挨拶が遅れてしまい大変申し訳ございませんでした。
    仕事とゲームのやり過ぎで寝不足のねずみ男でございます。
    ホロウクラウンの件でございますが、暫くの間はカンバーバッチの顔は見たくもありません。
    (勿論の事、最大級の誉め言葉です。まさかここまで演技力があるとは思ってもいませんでした。)
    ウィショーのリチャード2世は本当に高貴な雰囲気が出ていると、母ねずみも褒めています。
    私もウィショーが好きになり、007をまた見ようと思います。
    ホロウクラウンは私の好きなシェークスピア戯曲とは言え、イギリス人俳優の底力をまざまざと見せつけられました。
    所々、ポアロ役のスーシェ、ウォーキングデッドのガバナー(モリシー)、ロックユーのブラックプリンスことピュアフォイ
    本当に最高の作品でございました。
    実を言うと、お恥ずかしながらエディ王子様のおかげをもちましてDVD化されているのを知ったのでございます。
    前から心待ちにしておりました。
    他のシェークスピア戯曲の映像化作品は持っているので、直ぐにでも購入しようと考えている次第でございます。
    時にエディ王子様もシェークスピア戯曲がお好きな御様子。
    おすすめの映像化作品は、【タイタス・アンドロニカス】と『英雄の証明』(えいゆうのしょうめい、原題: Coriolanus)
    の二点でございます。
    特に『英雄の証明』(えいゆうのしょうめい、原題: Coriolanus) のヴォルデモート卿ことレイフ・ファインズの
    国家愛と家族愛の板挟みで苦しむ姿が最高でございます。
    ちなみにレイフ・ファインズが監督をしているので、低予算ながらオーフィディアス役はジェラルド・バトラーでございます。
    隠れた名作と言っても過言ではございません。

    映画「風立ちぬ」の主人公が、次のように言っていました。
    「この国はどうしてこう貧しいんだろう。」
    身バレをしたくはないので、語れる範囲でしたら私にも経験が沢山ございます。
    ケース1
    最近の事ですが、仕事で知り合った他社の方にプライベートの身なりを見られたのですが、後日
    彼「もしかして、お金持ち? 貯金100万円くらい持ってるの? この会社の給料そんなに良いの?
    それとも裏で何か悪い事やってんの?」
    その直後に彼は色々と客先でトラブルを起こしクビになったのですが、
    30代半ばにもかかわらず、貯金は5万円も無いと同僚の方に聞きました。
    私自身、低学歴、低収入の、身の上ですが趣味のバイクやアンティーク家具収集(丁度ホロウクラウンに出てくる様な感じです)
    ファッション狂いでも、コツコツ資産形成できております。
    私の周りに限っては、完全に自己責任だと感じている次第でございます。
    (両親や同僚も同意しています)
    私の周りでは30~70位の年齢でも、総資産50万円にも満たない方々ばかり散見されます。
    マリオット・インターナショナル【MAR】や他の件は後日に
    改めて。
    この度は拝謁を賜り、誠にありがとうございました。

    • ねずみ男さん、こんばんは。

      薔薇の艦隊のエディです。

      「仕事とゲームのやり過ぎで寝不足」
      よくわかります。
      ゲームといえば、来週、11月11日(月)、
      ロマンシングサガ3のHDリマスター版が販売開始となります。
      詳しくは、こちらの記事にて紹介しています。
      https://rosefleet.net/20191104-theme-music-decisive-battle/
      イトケンの最高傑作、四魔貴族バトル。
      徹夜で夜を明かし、そのまま出勤の予感。はまりそうです。

      ベネディクト・カンバーバッチは、英国俳優のなかでもトップクラスですね。
      「シャーロック」で世界中の女性の支持を集めました。
      「ホロウクラウン」のリチャード三世では、悪逆非道ぶりを見事に演じ切りました。
      私が最も印象に残るカンバーバッチの映画は、
      「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」です。
      天才数学者アラン・チューリングの暗号解読にかける熱意と、
      周囲の人間関係の苦悩を、カンバーバッチは見事に演じていました。
      チューリングといえば、功績が再評価され、
      このたび、英国の新しい50ポンド紙幣の肖像に採用されることが決まりましたね。

      ベン・ウィショーは、高貴なリチャード二世を見事に演じていましたね。
      譲位を迫られる際、王冠が自身を苦しめる様がよく伝わってきました。
      ウィショーの「007」は、まだ見ていませんが、かっこよさそうですね。

      私にとって、「ホロウクラウン」でもっとも好きな俳優は、やはり、トム・ヒドルストンです!
      トムヒ様、最高です。ヘンリー五世の勇姿がたまりません。
      放蕩息子で鳴らした臙脂の革ジャン姿から、英邁なイングランド王への変貌は、
      日本の織田信長を連想させるものがあります。

      ねずみ男さんからお勧めいただいた映画、是非、時間のあるときに見てみたいと思います。
      ご紹介いただき、ありがとうございます。
      それから、バイクやアンティーク家具、ファッション、と多趣味な御様子。
      しっかり株式投資を両立させているのは、金銭感覚がしっかりしている証拠ですね。
      お見事です。

      私の場合は、趣味といえば、美食探訪や刀剣鑑賞、宝塚観劇も、
      もちろん好きなのですが、それらは基本、受け身の趣味ですよね。
      そうではなしに、自分で何かを創り出す、
      クリエイティブな趣味という意味では、「天体写真」ですね。
      それこそ、資金力がものをいう世界です。
      カメラやレンズ、赤道儀など、機材に凝りだしたら、きりがありません。
      被写体となる彗星などは、それこそ生涯一度限り、という「一期一会」の天体ですから、
      そのタイミングに乗り遅れたくない、という衝動が私を駆り立てます。
      株式投資で得た愛車に機材を積んで、星の良く見えるところまでドライブ、
      というのも思い出になって良いものです。
      そういった趣味の世界のことも、ブログでお伝えしていけたらいいな、と考えています。
      「体の元気なうちに、やりたいことをやり尽くしておく」というのも大事なことだと考えます。
      健康な時間は、本当に貴重です。
      年齢を重ね、そういった思いを強くします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です