【銘柄格付】 ノースロップ・グラマン【NOC】Northrop Grumman Corporation 2019年10月4日終値

エディ
常にあるべき姿を追求し、変えるべきは変えていく。

そして、薔薇の艦隊は、必ず百年戦争(人生百年時代)に勝利する。

銘柄格付を通して、前途有望な米国株銘柄を探求しよう!

ドルチェ
今回は、ステルス爆撃機と無人偵察機の開発で知られる軍事企業、
ノースロップ・グラマン【NOC】を独自基準で銘柄格付します。

【データソース】株価推移は Bloomberg、財務推移は Morningstar です。

Ⅰ)株価推移 直近五年 ※橙はS&P500指数ETF【IVV】

Ⅱ)財務推移 直近五年

Ⅲ)審査

①【株価推移】
直近五年でS&P500指数をアウトパフォーム
※最新終値ベース

→該当: 加点あり(1点)

②【売上高】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

③【フリーキャッシュフロー】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

④【配当総額】
直近五年で一貫して有配かつ増配
※増配は一株ベースではなく総額ベース

→該当: 加点あり(1点)

⑤【フリーキャッシュフロー / 売上高】
直近五年で一貫して20%以上を維持

→非該当: 加点なし(0点)

エディ
ノースロップ・グラマン【NOC】のステルス爆撃機「B-2 スピリット」は、
一般的な飛行機とは異なり、主翼だけで飛行可能な特殊形状だ。

専門用語で「全翼機」と呼ぶ。
映像は下記リンクをご参照いただきたい。

株価推移をみると、2018年は株価下落の年。
一転して、2019年は株価上昇の年。

財務推移を見る限り、
FY2017決算(2017年12月発表)に特段顕著な悪化は認められない。

そういった意味では、2018年は押し目買いの好機であった。

FY2018決算(2018年12月発表)で大幅な財務成長。
これが市場に好感され、その後の株価上昇につながっている。

堅調に増配を続けており、米国政府の後ろ盾も相まって、
手堅い銘柄のひとつと位置付けられる。

ノースロップ・グラマンのウェブサイト

Ⅳ)格付 ※最高評価は五つ星。最低評価は星なし。

ローズ
厳正なる審査の結果、ノースロップ・グラマン【NOC】の格付は【二つ星】となりました。
ドルチェ
個人の感想です。運用成果を保証するものではありません。

投資決定は自己責任でお願いいたします。

2 件のコメント

  • エディ王子様、お目覚めでございますか?
    ねずみ男でございます。
    先日は【BA】の件、大変失礼いたしました。早速記事を読ませていただきました。
    この度の銘柄【NOC】も、個人的に大変好きでして、
    【LMT】、【BA】、【RTN】と共に保有していたにも関わらず、
    臆病風に吹かれて利確し、全て【VTI】に流し込んだ臆病ねずみでございます。
    (厳密的に言えば【HII】も)
    時にエディ王子様はエリア88という漫画をご存知でしょうか?
    私はこの漫画で戦闘機や空母が好きになりました。
    グラマン時代ではございますが、F-14トムキャットもメインキャラの愛機として登場いたしております。

    (かつて、ビザ【V】の確定利益で、新車を購入できたからです。)
    次回この様な事がありましたら、自由投資同盟の皆様と共に、
    プロージットをコメントさせて頂きたいと思います。
    この度は拝謁を賜り、誠にありがとうございました。

    • ねずみ男さん、こんばんは。

      薔薇の艦隊のエディです。

      ねずみ男さんからコメントを投稿いただいた時、
      ブログ著者の執事ドルチェは、現実世界の会社へ出勤しておりました。

      ようやく執事ドルチェが帰宅いたしましたので、
      現実世界から物語世界へと異次元空間を移動し、こうして御返事をしたためております。

      「臆病風に吹かれて利確し、全て【VTI】に流し込んだ臆病ねずみでございます。」

      いえいえ、臆病風ではございますまい。賢明な御判断と存じます。

      【VTI】は、米国株式市場の全体を包括するETFですね。

      今後の展望として、景気の変動は当然あるにせよ、
      米国市場が、日本のようにデフレ経済で長期間に渡って苦しむ可能性は低いと考えます。

      米国の最低賃金が、年々上昇していることからしても、
      米国消費者の購買意欲がますます旺盛になることはあっても、日本のように萎縮することはないでしょう。

      そういう意味では、ねずみ男さんは、手堅い選択をなされた。米国市場をまるごと我がものとされた。

      「時にエディ王子様はエリア88という漫画をご存知でしょうか?」

      はい。名前は存じ上げております。私も是非、読んでみたいと思います。面白そうですね。

      トムキャット、私の第一印象は、田宮模型のプラモデルですね。

      「自由投資同盟の皆様と共に、プロージットをコメントさせて頂きたいと思います。」

      銀英伝らしくて良いですね。私からも。皆の健闘を祈りつつ、乾杯!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です