【銘柄格付】 アトラシアン【TEAM】Atlassian Corporation plc  2020年2月7日終値

エディ
常にあるべき姿を追求し、変えるべきは変えていく。

そして、薔薇の艦隊は、必ず百年戦争(人生百年時代)に勝利する。

銘柄格付を通して、前途有望な米国株銘柄を探求しよう!

ドルチェ
今回は、米国上場の豪シドニーのIT企業、
アトラシアン【TEAM】を独自基準で銘柄格付します。

【データソース】株価推移は Bloomberg、財務推移は Morningstar です。

Ⅰ)株価推移 直近五年 ※橙はS&P500指数ETF【IVV】

Ⅱ)財務推移 直近五年

Ⅲ)審査

①【株価推移】
直近五年でS&P500指数をアウトパフォーム
※最新終値ベース

→該当: 加点あり(1点)

②【売上高】
直近五年で一貫して増加

→該当: 加点あり(1点)

③【フリーキャッシュフロー】
直近五年で一貫して増加

→該当: 加点あり(1点)

④【配当総額】
直近五年で一貫して有配かつ増配
※増配は一株ベースではなく総額ベース

→非該当: 加点なし(0点)

⑤【フリーキャッシュフロー / 売上高】
直近五年で一貫して20%以上を維持

→該当: 加点あり(1点)

エディ
アトラシアン【TEAM】は、
オーストラリアのシドニーに本拠を置く、2002年創業の新興IT企業である。

同社は、ビジネスにおける「チームワーク」の持つ潜在能力に注目し、
その潜在能力を解き放つことを、同社のミッションとして掲げている。

Our mission is to help unleash the potential of every team.
(同社ウェブサイトより引用)

すなわち同社の強みは、チームの情報共有を促進するソフトウェア開発力にある。

具体的に、同社のソフトウェア製品を三つ挙げよう。
① Jira Software: ソフトウェア開発チーム用コミュニケーションツール
② Jira Align: リアルタイムで可視化したロードマップ進捗管理ソフト
③ Confluence: チームのワークプレイス提供ソフト
(情報共有・社内会議・社内連携)

2018年7月、
日本のソフトバンクグループ(SBG)が主要株主となっている
米国IT企業スラック(Slack Technologies Inc.)と、
アトラシアン【TEAM】は提携を結んだ。

リアルタイムに会話ができるチャットツールに強みを持つ
スラックと提携したことで、
アトラシアン【TEAM】の情報共有ツールがさらに付加価値を高めている。
つまり、組織横断的なプロセス連携が可能となり、
さらなる生産性向上が期待できる。

IT時代の成功事例として市場の注目を浴びており、同社の株価成長が著しい。

財務推移を見ると、健全な成長が確認できる。
歴史が浅い企業のため、配当で株主還元する段階に、まだ達していないとみる。
そういった意味で、キャピタルゲイン投資家向けの銘柄と言える。

注意すべきは、株価の変動が激しいこと。
高値づかみに要注意だ。

Ⅳ)格付 ※最高評価は五つ星。最低評価は星なし。

ローズ
厳正なる審査の結果、
アトラシアン【TEAM】の格付は【四つ星】となりました。
ドルチェ
個人の感想です。運用成果を保証するものではありません。
投資決定は自己責任でお願いいたします。

5 件のコメント

  • 王子流石です!!
    私はこの銘柄知らなかったので今晩時間が出来たら自分でもしらべたいと思います!

    • ☆りゅ~☆さん、こんばんは。
      薔薇の艦隊のエディです。

      アトラシアン【TEAM】は、私も最近初めて知った銘柄です。
      きっかけは、盟友、和製バフェット氏のブログです。

      和製バフェットのシークレットポートフォリオZ
      2020年2月4日投稿記事
      【修行】アトラシアンを買ったよ【利確&損切り】
      https://waseibuffett.com/training-i-bought-atlassian-profit-loss-cut/

      独自基準で銘柄を評価するのは、とても意義深いです。

      ☆りゅ~☆さんは、なにか重視している財務指標はありますか?

      • 私は基本的には売り上げが右肩上がり、キャッシュフローマージン15%以上ですね。
        あとなるべくPERは100倍以下を好みます。(笑)
        世間の皆様が使用している物程調査しやすいかな、
        と思いメジャーな銘柄を買う傾向が高いかと。
        レバレッジに関しては完全な押し目狙いです(笑)
        ざっくりこんな感じだと思います!

        PS.先の件、不適切な表現失礼致しました。
        少し師匠のノリを真似してしまいました。
        以後、ふざけた表現は控えます。

        • ☆りゅ~☆さん、おはようございます。
          薔薇の艦隊のエディです。
          コメントありがとうございます。
          王道ですね。
          元ホストの☆りゅ~☆さんのことだから、もっと派手で刺激的な取引が好みなのかと思いきや、
          安全運転に徹した堅実な方だったのですね。(大変失礼しました)
          特に、下記の言葉、心に響きました。
          「レバレッジに関しては完全な押し目狙いです(笑)」
          これって、ロング(買い)で入るには必須の条件ですよね。
          高値掴みを恐れず買い進める手法は、裏付けのある現物株でこそ有効ですが、
          人の金を借りて取引するレバレッジ投資は、
          強制決済もあり、慎重の上にも慎重を期すことが極めて重要ですから、
          「押し目を待つ」という慎重な姿勢が求められると思っています。

          巷で人気の「レバレッジETF」も興味深いのですが、
          株価指数CFDの「強制決済」とレバレッジETFの「経費率」
          (代表的なレバETF、SPXL/TECL/SOXL なら0.95%ほど)を天秤にかけた場合、
          私なら、という前提ですが、株価指数CFDのほうを選びます。
          経費率より強制決済の方が、自主管理の精度が高まりそうだから。

          重視する財務指標のなかで、どれか一つだけ選べと言われたら、
          私なら、フリーキャッシュフローかな。

          2020年1月25日投稿記事
          【銘柄格付】 総括 2019 -傾向分析-
          https://rosefleet.net/rating-summary-2019-trend-analysis/

          「②フリーキャッシュフローが一貫して増加している銘柄は、
          指数をアウトパフォームしている。」

          この事実は、傾向分析をして判明したことです。
          リアリティを積み上げて獲得した真実って、とても貴重ですよね。

          これからもお役に立てる記事を地道に執筆してまいります。
          今後とも応援よろしくお願いします。

          追伸)不適切な表現の件、承知しました。
          やはり、女性読者からすると「女性軽視」に見えて、
          気分の良い表現ではなかったみたいですよ。
          でも、これからもどんどんコメント送ってくださいね。
          これからは、コメントを公開する前に、女性目線で確認し、
          不適切と思ったら編集で(ピー)を入れるようにします(笑)
          男なので、どこまでできるかは自信がありませんが、やるだけやってみますね(笑)
          これからもよろしくお願いします。

  • ホストを昔していながらよく言われるのが意外と堅実。
    昔っから見た目に反し安牌。と言われてきましたww

    ●『株価指数CFDの「強制決済」』
    →こちらはまだ私の投資技術と知識が乏しいため手をだす気になれなかったのです。
    ただ王子のお返事から再度自分なりに調べたところ案外ハードルは低いのでは?
    と思うことができましたので勉強&いつかトライしてみたいと思います。

    ●『重視する財務指標のなかで、どれか一つだけ選べと言われたら、私なら、フリーキャッシュフローかな。
    「②フリーキャッシュフローが一貫して増加している銘柄は、指数をアウトパフォームしている。」
    この事実は、傾向分析をして判明したことです。
    リアリティを積み上げて獲得した真実って、とても貴重ですよね。』

    →危ない危ない、以前非常に感銘を受けた事柄なのに危うく忘れてしまうところでした(汗)
    今スクショ撮っておきましたヾ(≧▽≦)ノ
    調査で得たこの情報、非常に素晴らしいと他の読者さん達も思っているかと、
    王子のこうゆう部分がほんとに素晴らしい。ので最近コメントをちょくちょくさせて頂かせています。
    新たな銘柄選定をする際はぜひ組み合わせて活用させて頂きます!

    ●『やはり、女性読者からすると「女性軽視」に見えて、気分の良い表現ではなかったみたいですよ』

    →本当に申し訳なく思います。女性から反感を買うようになるのでは全く持ってホスト失格です。
    ホストをやめて数年、空気を読むスキルまで忘れてしまっていました。
    以降、まずい表現だがどうしても伝えたい、と思った時は自ら(ピー)で表現したいと思います(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です