【ノイズ】投資判断を狂わす原因

「景気回復期待で株価上昇しました」

コロナショック以降、経済ニュースで、さんざん聞かされた説明だ。

しかし、この説明、因果関係が立証されたものではない。
本当かな、と思わせる後付けの理由が多い。

立証されているなら、なぜ次の日に反転下落したのか、
充分な説明がされているとはいえない。

次の日になって、急に景気回復期待がなくなった?
そうではないだろう。

そういったときの決まり文句。

「当面の利益を確定させるための売りが出ました」

完全な規則性は存在しないのだから、
その理屈が再現される保証はどこにもない。

説明に都合のいい材料が重視され、
株価の上昇下落が正当化される。

だからこそ、私は言いたい。

真に受けるな。
振り回されるだけだ。

短期ならいざ知らず、長期投資を目指すなら、
後付けの理由など、「ノイズ」と切り捨てたほうがいい。

ばっさりと。

なぜなら、投資判断を狂わす原因になるからだ。

その場その場の無責任なノイズを信じて投資するなど、愚の骨頂だ。
知恵のある投資家の行動とはいえない。

私は、こういったノイズに満ちた環境を、「狂騒」と呼んでいる。
情報過多の中で玉石混交のニュースが入り乱れた世界だ。

狂騒のなかで、ノイズに惑わされ、正しい投資判断が狂わされてしまう。

ノイズに接したとき「だとしたら、これから自分はどうしたらいいのか?」
煩悩に苦しむとはこのことだ。

そう、人には煩悩がある。

「市場平均を上回って、リターンを自慢したい」
「周囲がうまくいっているのに、自分だけ取り残されたくない」

煩悩で心の波が揺れ動くのだ。

ノイズに満ちた環境に、
自分から進んで入り込んでいくのも、煩悩のなせるわざだ。

私利私欲で目が曇る。
結果、ますます迷いの沼にはまっていく。

いったん煩悩をリセットすること。
そして、静かに心を落ち着けて、あるべき姿を静かに考えること。

私が「狂騒」を嫌い、
「静寂」という環境を重視するのは、深い意味があってのことなのだ。

【比叡山 伝教大師最澄】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です