【金利上昇と株価上昇は比例する】ナスダック100【NDX】と米国債利回りの相関

ハイテク株の下落圧力が続いている。
背景には、米国経済のインフレ懸念や、長期金利の上昇があるとされている。

そのため「グロースは金利上昇に弱い」と喧伝されているが、
過去を遡って調べてみると、決してそんなことはない。

ナスダック100【NDX】と米国債利回りの相関を調査した。

1997年以降のデータを入手し、変化率を求め、散布図を作成してみた。

結果、金利上昇と株価上昇は比例することが立証された。

流布されている定説が、
そもそも何の目的で流布されているのか、よく考えてみよう。

そうでないと、機関投資家の策略に、
個人投資家はまんまと振り回されてしまうだろう。

まして、長期投資を全うしようと欲するなら、
何事も鵜呑みにせず、疑ってかかる姿勢が重要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です