【戦況報告】 2020年2月14日終値

ドルチェ
薔薇の艦隊の戦況を御報告申し上げます。

戦況報告は基本週一回を予定しております。

Ⅰ)薔薇の艦隊 株価推移

ドルチェ
はじめに、薔薇の艦隊の「株価推移」を御報告申し上げます。

① 直近一ヶ月


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

② 直近一年


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

③ 直近五年


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

ローズ
直近一週間の動向です。

2020年2月11日(火)米国の連邦取引委員会は、
GAFAとマイクロソフト【MSFT】の合計五社に対し、
過去の企業買収を調査すると発表しました。

この五社が小規模企業を買収することで、
健全な競争が阻害されていないか確認することが目的です。
(調査対象期間は2010年から2019年まで)

これを受け、株価に下落圧力がかかりました。
薔薇の艦隊の主旗艦、マイクロソフト【MSFT】は、
発表前日2月10日(月)終値ベース $188.70 をピークに下落し、
2月14日(金)週次終値ベース $185.35 で引けました。

この買収調査による株価下落圧力や、新型肺炎の感染拡大にもかかわらず、
米国企業の好調な決算を背景に、市場心理がリスクオンに傾き、
週次終値ベースで、薔薇の艦隊は最高値更新となりました。

ドルチェ
比較のために、ナスダック100【NDX】と、
GAFA【GOOGL / AAPL / FB / AMZN】の株価推移です。

① 直近一ヶ月


青:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
赤:アルファベット【GOOGL】 Alphabet Inc.
緑:アップル【AAPL】 Apple Inc.
黄:フェイスブック【FB】 Facebook Inc.
紫:アマゾン・ドットコム【AMZN】 Amazon.com Inc.

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

② 直近一年


青:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
赤:アルファベット【GOOGL】 Alphabet Inc.
緑:アップル【AAPL】 Apple Inc.
黄:フェイスブック【FB】 Facebook Inc.
紫:アマゾン・ドットコム【AMZN】 Amazon.com Inc.

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

③ 直近五年


青:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
赤:アルファベット【GOOGL】 Alphabet Inc.
緑:アップル【AAPL】 Apple Inc.
黄:フェイスブック【FB】 Facebook Inc.
紫:アマゾン・ドットコム【AMZN】 Amazon.com Inc.

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

エディ
あらためて、米国株ポートフォリオ「薔薇の艦隊」の運用について、
基本方針をおさらいしよう。

【基本方針】

①目的
薔薇の艦隊は「インカムゲインの最大化」を目的とする。

②アプローチ
薔薇の艦隊は「旗艦」と「護衛艦」から構成されるものとし、
インカムゲインの最大化を図るため、それぞれに異なるアプローチ機能をもたせる。

旗艦:成長軌道検証銘柄(増配ポテンシャルに着目したアプローチ)
護衛艦:複利効果検証銘柄(配当再投資に着目したアプローチ)

③旗艦
旗艦は下記三銘柄とする。

主旗艦:マイクロソフト【MSFT】
第一副旗艦:ビザ【V】
第二副旗艦:マスターカード【MA】

④護衛艦
護衛艦は下記一銘柄とする。

護衛艦:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】

⑤配当再投資
旗艦と護衛艦から得られる配当金については、
これを全額、護衛艦へ再投資する。

⑥追加投入
毎月一回、追加投資資金を護衛艦の買付に投入する。

Ⅱ)薔薇の艦隊 評価額

ドルチェ
次に、薔薇の艦隊の「評価額」を御報告申し上げます。

Ⅲ)薔薇の艦隊 評価益

ドルチェ
続きまして、薔薇の艦隊の「評価益」を御報告申し上げます。

プラスなら「含み益」、マイナスなら「含み損」となります。

Ⅳ)旗艦 評価益

ドルチェ
さらに、旗艦三銘柄の「評価益」を御報告申し上げます。

① 主旗艦: マイクロソフト【MSFT】

② 第一副旗艦: ビザ【V】

③ 第二副旗艦: マスターカード【MA】

Ⅴ)護衛艦 評価益

ドルチェ
最後に、護衛艦の「評価益」を御報告申し上げます。

護衛艦: ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】

Ⅵ)所感

エディ
薔薇の艦隊の編成は「現状維持」とする。

目下の課題「レバレッジ投資導入による米国株投入資金の増額」について。

前週、次のように述べた。

CFD取引の口座開設は、GMOクリック証券を選定する。

口座開設の後、実際のCFD取引は、米国大統領選の動向や、
それに伴う市況の変化を見極めた上で開始する。

レバレッジ投資の恐ろしさを心に留めて、
慎重の上にも慎重を期すことが重要だ。

そうだな。これを機に、
市況の変化を常時観測する専門部隊を創設することにしよう。

2020年2月9日(日)投稿記事
【戦況報告】 2020年2月7日終値 より引用

エディ
米国株投資の世界に、なぜ「艦隊」というコンセプトを採用しているのか?
これについて話さなければなるまい。

現行運用中の現物株は、いわば「戦艦」であり、
入金額の多寡で勝負が決まる「大艦巨砲主義」と考えている。

我々にとっての大艦とは「旗艦三銘柄」を指す。
すなわち、マイクロソフト【MSFT】、ビザ【V】、マスターカード【MA】だ。

これまでのところ、旗艦三銘柄は、素晴らしい戦果を挙げている。

しかし、油断は禁物だ。
いずれ株価暴落することを想定し、艦隊再編を含めた準備が必要だ。

もともと、レバレッジ投資導入を検討し始めた目的は、
「レバレッジ投資導入による米国株投入資金の増額」であった。

だが、薔薇の艦隊が最高値更新を繰り返すなかで、私の考えが変わった。

今後、第二のリーマンショックが到来したとき、
株価暴落の「底値」のタイミングを見極め、
その時点で、現物株から株価指数CFD(ナスダック100【NDX】)
に全面的に切り替えたいと思う。

これはとても重要な意味を持つ。
薔薇の艦隊の編成が、「戦艦」から「空母」へ変貌することを意味するからだ。

「空母」を称する理由は、
買いから参戦するロング、売りから参戦するショート、
強制決済を意識した、ハイリスク・ハイリターンの取引は、
さながら「空中戦」を連想させるからだ。

さらに、ナスダック100【NDX】は、
ナスダック上場の精鋭百銘柄で構成されている。
これはすなわち、空母の艦上に搭載された「百機の戦闘機」のようなものだ。

第二のリーマンショック到来後、我々は空母による戦いで勝ちに行く。

よって、市況の変化を常時観測する専門部隊の正式名称は、
「空母建造プロジェクトチーム」とする。

ドルチェ
殿下の御指示に基づき、
専門部隊「空母建造プロジェクトチーム」の人事を決定しました。

これから、新しいメンバーを発表いたします。

ローズ
ドルチェ、あなた、人事の仕事もしていたの?
ドルチェ
はい、王国政府職員も人員不足が深刻でございまして。。

兼務ばかりで、私の仕事が増える一方でございます(苦笑)
しかも、給料そのまま。

エディ
ドルチェ、それは、私に対する嫌味か!?
ドルチェ
いえ、めっそうもございません(汗)

こっほん。

それでは、これからメンバーを紹介させていただきますので、
なにとぞ、殿下直々に任命をお願い申し上げます。

エディ
よかろう。本日は任命式だ。
ドルチェ
まず、空母建造プロジェクトのリーダーを紹介します。

殿下の従姉君にして、海軍少将のマリア様でございます。

マリア
マリアです。よろしくお願いいたします。
エディ
マリア少将、プロジェクトリーダーとして、よろしく頼む。
ドルチェ
続きまして、マリア少将の秘書にして、海軍少佐のペリドット様でございます。
ペリドット
ペリドットです。よろしくお願いいたします。
エディ
ペリドット少佐、秘書として、マリア少将をしっかり補佐してくれ。
よろしく頼むぞ。
ローズ
二人の登場で、薔薇の艦隊は新たな局面を迎えるわ。

「空母建造プロジェクト」これからの展開が楽しみね。(次週に続く)

ドルチェ
オザワークスさん、コメントに御返答いただき、誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

オザワークスのはじめての米国株 2020年1月28日 最近の米国株に投資する投資信託の性能が高すぎて、おじさん目からウロコが落ちる

ドルチェ
和製バフェットさん、コメントに御返答いただき、誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

和製バフェットのシークレットポートフォリオZ 2020年2月4日 【修行】アトラシアンを買ったよ【利確&損切り】

和製バフェットのシークレットポートフォリオZ 2020年2月11日 【ブログ村名物】BTI指数とつみたて王子指数

6 件のコメント

  • 失礼します。

    先日からエディ王子の艦隊を楽しみに見守っている20代男です。

    今後も荒れ狂う世界資本の海を大航海すべく、
    今はまだ港町から毎週エディ王子の艦隊の戦況報告を心待ちにしている小僧です。

    私も艦隊には遠く及ばないですがヨットをまずは組み立てようとしております。

    そこで、エディ王子が以前どこかで投資の心得を説いてらっしゃったことを思い出しました。
    リスク許容度やディテリテーション(?)のような内容になっていて、
    「調べ上げて自分自身でリスクを許容し、納得し、自己決定し投資する」
    というようなことが要点だったと記憶しておるのですが、
    その記事にたどり着けませんでした。

    艦隊の戦況分析などで月火水木金金土状態化と思いますが、
    おてすきのおりに、
    港町へ上記の投資の心得を記しているような記事を電報していただけませんでしょうか。 

    よろしくお願いします

    • ミレニアム世代の蛙さん、こんばんは。

      薔薇の艦隊のエディです。

      はじめまして。

      コメントいただき、ありがとうございました。
      執事(著者)のドルチェが喜んでいました。
      「戦況報告を心待ちにしていると言われ、ますます執筆意欲が湧いてきます。」と。
      激励に対し、フォーマルハウト王国を代表して、感謝状をお送りします。ありがとうございます。

      「私も艦隊には遠く及ばないですがヨットをまずは組み立てようとしております。」

      私も初めはヨットでした。
      途中であきらめず、継続することが重要です。健闘を祈ります。
      平成の歌姫、安室奈美恵も言っています。
      「1%の才能と99%の継続、努力し続けることで今の自分がある。」と。
      下記のお尋ねの件につきまして、回答します。
      「投資の心得を記しているような記事を電報していただけませんでしょうか。」
      自由投資同盟の盟友、和製バフェット氏のブログへのコメントを指していると推測します。
      ミレニアム世代の蛙さんの探しておられる「投資の心得」は、次の部分に該当します。

      「周囲に流されることなく、自分が納得できるまで調べる。
      その結果、どんな結末になろうとも、右往左往せず、腹をくくることができるようにしたい。
      そのために、デューデリジェンスは必要不可欠だ。
      自己責任で投資するって、そういうことじゃないのかな?」

      ————————————————
      ●下記に、コメントの内容の詳細を示しておきます。御確認ください。
      和製バフェットのシークレットポートフォリオZ
      2019年12月22日投稿記事
      「水」こそ最強の長期保有銘柄と主張したい。その④
      https://waseibuffett.com/water-is-the-strongest-long-term-stock-4/

      エディ王子 より:
      2020/01/25(土) 07:19

      薔薇の艦隊
      https://rosefleet.net/
      エディだ。

      昨日はわざわざ記事で私を紹介してくれてありがとう。
      https://waseibuffett.com/reinforcement-arrived-from-prince-eddy-that②/

      さて、君の下記質問について。
      「注目している会社ある?」

      そうだな。SBGは毎日注目しているよ(笑)

      いや、私が真に注目しているのは、
      フリーキャッシュフロー増加銘柄だ。

      フリーキャッシュフロー増加を重視する理由は、
      インカムゲイン投資家としての立場から、
      長期に渡り、安定的に増配を享受したいと考えているからだ。
      フリーキャッシュフローは、配当の源泉だからね。

      これに関連して、今回、私のブログに新たに記事を投稿した。
      昨年実施した銘柄格付の傾向分析だ。是非御一読いただきたい。
      https://rosefleet.net/rating-summary-2019-trend-analysis/

      昨年銘柄格付した全71銘柄に限っていえば、
      フリーキャッシュフローが一貫して増加している銘柄は、
      指数をアウトパフォームしている。

      これは今回の傾向分析で判明した重要な事実だ。

      それから、もうひとつ。
      私がファンダメンタルズを重視する理由について。
      盤石な財務の裏付けが取れない銘柄を売買することはしないと決めているからだ。
      端的にいえば、「デューデリジェンス」だ。

      ●デューデリジェンスについて、詳しくはこちら。
      https://biz.trans-suite.jp/12279

      周囲に流されることなく、自分が納得できるまで調べる。
      その結果、どんな結末になろうとも、右往左往せず、腹をくくることができるようにしたい。
      そのために、デューデリジェンスは必要不可欠だ。
      自己責任で投資するって、そういうことじゃないのかな?

      これからも、よろしく頼む。
      健闘を祈る。
      ————————————————
      以上がコメントの内容の詳細となります。

      実は、このコメントについては、他の読者からも反響がありました。
      「かっこいい〜♡」と。
      正直、照れますね(笑)

      ————————————————
      ●当ブログにも、下記記事のなかで、上記コメントへのリンクを貼っておりますので、御確認ください。
      2020年1月26日投稿記事
      【戦況報告】 2020年1月24日終値
      https://rosefleet.net/weeklyreport-closingprice-20200124/
      ————————————————

      なにかありましたら、いつでもお問い合わせください。

      今後とも、よろしくお願いいたします。

    • ★★盟友、和製バフェットさんに対しては、いつもの口調でいきます(笑)★★

      薔薇の艦隊のエディだ。

      当ブログにおいて、友から直々にコメントをもらうのはこれが初めてだ。
      ありがとう。

      君とは切磋琢磨する間柄。
      これからもよろしく頼む。

  • ドルチェ様
    ご返信頂きありがとうございます。
    投資に対するドルチェ様、エディ王子のお考え、自身の強い意志が感じられ、
    学びになるというか、惹き寄せられ心に留まりました。

    消費体験やモノが飽和して、あらゆる情報が溢れている中で、
    私達ミレニアル世代はある種の無駄やあそびにすら意味を求めるようになって、
    どこかで行き詰まるのではないかと考えていた輪郭のないもやもやした霧を晴らしてくれたような1言でした。
    本当にカッコいいなと思いました。

    私も投資に自身の意思をはっきり表せるほど、
    アタマを使い、身体を動かし、納得して決定していこうと思いました。

    ドルチェ様、エディ王子様の戦況報告はもちろんですが、
    言葉の端々に現れるはっきりとした意志も恐縮ながら楽しみに拝読いたします。

    今後ともどうぞよろしくお願いします。

    PS、大変恐縮ですが、ドルチェやエディ王子の人間くさいところもお待ちしております…

    • ミレニアム世代の蛙さん、こんばんは。
      薔薇の艦隊のエディです。
      仕事が多忙で返事が遅くなりました。
      誠に申し訳ございません。
      コメントいただき、ありがとうございました。
      「私も投資に自身の意思をはっきり表せるほど、
      アタマを使い、身体を動かし、納得して決定していこうと思いました。」
      →若いうちは、時間もあり、体力もあり、気力もあり、
      いくらでもやり直しがききますから、
      色々なことに興味を持って挑戦し、試行錯誤を繰り返すことをお勧めします。
      そのなかで得られた「奥義」は、本を読んだだけでは得られない非常に貴重なものです。
      体感して初めて理解できる世界があります。
      蛙さんの健闘を祈ります。
      「大変恐縮ですが、ドルチェやエディ王子の人間くさいところもお待ちしております…」
      →物語のなかでは、執事ドルチェは最も人間くさいキャラなんですけどね。
      それなりに表現しているつもりです。現実世界の会社員生活の悲哀も含めつつ(笑)
      人間くさいところ、といっても人によって様々だと思います。
      これだけは言えます。
      盟友和製バフェット氏のような好戦的な個性は、私には無理かな(笑)
      もともとの私の性格が、浮世離れしていますから(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です