【戦況報告】 2020年5月8日終値

ドルチェ
薔薇の艦隊の戦況を御報告申し上げます。

戦況報告は基本週一回を予定しております。

Ⅰ)薔薇の艦隊 株価推移

ドルチェ
はじめに、薔薇の艦隊の「株価推移」を御報告申し上げます。

① 直近一ヶ月


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

紫:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

② 直近一年


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

紫:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

③ 直近五年


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

紫:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

ローズ
直近一週間の動向です。

①日本 緊急事態宣言延長
2020年5月4日(月)
ゴールデンウィーク最終日5月6日に期限を迎える「緊急事態宣言」について、
政府は5月4日夕方、対策本部を開き、対象地域を全国としたまま、
今月31日まで延長することを正式に決めました。

②日本 出口戦略独自基準「大阪モデル」
2020年5月5日(火)
大阪府の吉村洋文知事は、新型コロナウイルス対策の「出口戦略」について
「国からは示されなかったので、大阪モデルを決定したい」と述べ、
施設の再開などを判断するための府独自の基準を決定しました。

【大阪モデル】
1) 経路不明者 10人未満
2) 陽性率 7%未満
3) 病床使用率 60%未満
3指標とも7日連続で達成すれば、休業要請を段階的に解除

③米国 失業率過去最悪
2020年5月8日(金)
米国政府が発表した雇用統計によると、
先月の失業率は14.7%となり、大幅に悪化しました。

これは統計を取り始めた72年前の1948年以降、最悪の水準です。
新型コロナウイルスの感染拡大によって、解雇の動きが進んでいます。

エディ
あらためて、米国株ポートフォリオ「薔薇の艦隊」の運用について、
基本方針をおさらいしよう。

【基本方針】

①目的
薔薇の艦隊は「インカムゲインの最大化」を目的とする。

②アプローチ
薔薇の艦隊は「旗艦」と「護衛艦」から構成されるものとし、
インカムゲインの最大化を図るため、それぞれに異なるアプローチ機能をもたせる。

旗艦:成長軌道検証銘柄(増配ポテンシャルに着目したアプローチ)
護衛艦:複利効果検証銘柄(配当再投資に着目したアプローチ)

③旗艦
旗艦は下記三銘柄とする。

主旗艦:マイクロソフト【MSFT】
第一副旗艦:ビザ【V】
第二副旗艦:マスターカード【MA】

④護衛艦
護衛艦は下記一銘柄とする。

護衛艦:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】

⑤配当再投資
旗艦と護衛艦から得られる配当金については、
これを全額、護衛艦へ再投資する。

⑥追加投入
毎月一回、追加投資資金を護衛艦の買付に投入する。

Ⅱ)薔薇の艦隊 評価額

ドルチェ
次に、薔薇の艦隊の「評価額」を御報告申し上げます。

Ⅲ)薔薇の艦隊 評価益

ドルチェ
続きまして、薔薇の艦隊の「評価益」を御報告申し上げます。

プラスなら「含み益」、マイナスなら「含み損」となります。

Ⅳ)旗艦 評価益

ドルチェ
さらに、旗艦三銘柄の「評価益」を御報告申し上げます。

① 主旗艦: マイクロソフト【MSFT】

② 第一副旗艦: ビザ【V】

③ 第二副旗艦: マスターカード【MA】

Ⅴ)護衛艦 評価益

ドルチェ
最後に、護衛艦の「評価益」を御報告申し上げます。

基本方針に基づき、月次買付を実施しました。

護衛艦: ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】

Ⅵ)所感

エディ
薔薇の艦隊の編成は「現状維持」とする。

「空母建造プロジェクト」の進捗報告は、リーダーのマリア少将、よろしく頼む。

Ⅶ)空母建造プロジェクト

マリア
プロジェクトの進捗状況について報告します。

まず、殿下の訓示をおさらいします。

【エディ王子の訓示】

今後、第二のリーマンショックが到来したとき、
株価暴落の「底値」のタイミングを見極め、
その時点で、現物株から株価指数CFD(ナスダック100【NDX】)
に全面的に切り替えたいと思う。

これはとても重要な意味を持つ。
薔薇の艦隊の編成が、「戦艦」から「空母」へ変貌することを意味するからだ。

「空母」を称する理由は、
買いから参戦するロング、売りから参戦するショート、
強制決済を意識した、ハイリスク・ハイリターンの取引は、
さながら「空中戦」を連想させるからだ。

さらに、ナスダック100【NDX】は、
ナスダック上場の精鋭百銘柄で構成されている。
これはすなわち、空母の艦上に搭載された「百機の戦闘機」のようなものだ。

第二のリーマンショック到来後、我々は空母による戦いで勝ちに行く。

よって、市況の変化を常時観測する専門部隊の正式名称は、
「空母建造プロジェクトチーム」とする。

2020年2月16日(日)投稿記事
【戦況報告】 2020年2月14日終値 より引用

マリア
殿下の訓示にありますように、
市況の変化を常時観測し、株価暴落の「底値」のタイミングを見極めること。
これが、私たち「空母建造プロジェクトチーム」のミッションです。

2020年5月8日(金)終値現在の直近乖離率は、プラス32%です。

エディ
レッドライン(乖離率マイナス150%)に到達しない限り、
現物株から株価指数CFDへの全面切り替えは決断しない。

全面切り替えがあるにせよ、ないにせよ、事前の戦法考察が必要だ。

ペリドット少佐、ナスダック100【NDX】のテクニカル分析を報告せよ。

ペリドット
「上昇パーフェクトオーダー」を形成しています。

これは、上から、

ローソク足、
短期移動平均、
中期移動平均、
長期移動平均

の順に並んでいる状態のことです。

トレンドが上昇基調にあることを示しています。

エディ
上昇基調か。

コロナショックが終息したとは到底思えない。

マリア
新型コロナウイルスの蔓延が収まったわけではありません。

休業長期化による経営破綻の連鎖が、これから懸念されます。

休業で売上が激減しています。

特に、もともとフリーキャッシュフローの脆弱な企業は、
内部留保の蓄積が乏しいため、資金繰りに苦しんでいます。
融資で乗り切ることができるのも、限度があります。

エディ
そうだな。

実体経済への影響は、リーマンショックよりも深刻だ。

米国トランプ大統領は、今年11月3日の大統領選挙に勝利するため、
必死になって株価上昇へ政策を総動員するだろう。

目下、株価が上昇しているのも、
トランプ大統領の経済再開政策に期待してのことだ。

問題は、大統領選の後だな。

二番底が発生しないことを祈るばかりだが、
発生したときにどう対処するのか?

事前に「対処方針」を考えておくことが必要だろう。

そのためにも、テクニカル分析の習得を続けよう。

コロナショックの荒波を乗り越え、
薔薇の艦隊を雄々しく前進させていくことが重要だ。

(次週に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です