【暴落に備えよ】ビットコイン【BTC】2021年5月19日終値

【暴落に備えよ】

仮想通貨ビットコイン【BTC】について、
今回の暴落をテクニカル分析します。

マリア
仮想通貨ビットコイン【BTC】のチャートを示します。
2021年5月19日(水)終値現在です。
エディ
マリアRCI(紫)が、売られ過ぎ(マイナス274%)を示しています。
一方、日次終値(赤)は、ペリドットウェーブ(緑)を大きく下回っています。
移動平均MA50(黄)との乖離率は、マイナス34%に達しました。

株価指数ナスダック100【NDX】のコロナショックを超える
大暴落となっているのは明白です。
(コロナショックにおけるナスダック100【NDX】の
移動平均MA50(黄)との乖離率は、マイナス21%でした。)

仮想通貨(暗号資産)の性質上、
価値の根源をどこに置くか不明な点が多いため、
そもそも「底値」というものが存在するのかどうか、
底値基準の線引きに迷います。

株価指数(インデックス)との単純比較はできませんが、
もし、仮想通貨に底値という概念が存在しないのであれば、
それこそ「上がり始めたら買い、下がり始めたら売る」
というトレードの基本を徹底するしか、生き残る術はないと感じます。

長期投資を狙うにしても、
その長期の意味は、単なる長期保有を意味するものではなく、
「頻繁な売買の積み重ね」が必須の世界と感じました。

そういう意味では、
仮想通貨は、株価指数(インデックス)の長期保有よりも、
はるかに高度な技術が求められるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です