【空母建造プロジェクト】 コロナショック速報【NDX】2020年3月26日終値

エディ
第二のリーマンショック到来後、我々は空母による戦いで勝ちに行く。
マリア
コロナショック速報です。
ペリドット
直近乖離率、マイナス10%に回復しました。

(マイナス24%→マイナス27%→マイナス10%)

エディ
先週金曜日、2020年3月20日に一番底をつけた。

そのときの乖離率は、マイナス50%だった。

やはり、このマイナス50%というのは、
ひとつの意味のある数字のようだな。

リバウンドの水準だということ。

問題はここからだ。

売り(ショート)でエントリーしている投資家は、
頭を悩ませているに違いない。

このまま株価上昇が続けば、
自らの含み益が減少し、含み損が増加していくからだ。

そうかといって、
買い(ロング)でエントリーするのも、危険が伴う。

二番底の到来を意識せねばならないからだ。

マリア
先月の、2020年2月23日投稿記事、【戦況報告】 2020年2月21日終値 で、
私は殿下に進言しておりました。

注意すべきポイントは、
「マイナス50%ライン」到達時の判断の難しさです。

もしこれが「一番底」だった場合、
次の「二番底」まで達する間に、「強制決済」のリスクがあるからです。

※下記リンクを御参照ください。

2020年2月23日投稿記事 【戦況報告】 2020年2月21日終値

エディ
マリア少将の申す通りだ。

二番底を見極めるまで、静観するのが賢明だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です