【神速名言】 小堀 遠州 【大名茶人 / 1579-1647】

大名茶人として知られる小堀遠州が建立した寺院 
京都大徳寺「孤篷庵(こほうあん)」

小堀遠州が自ら設計した茶室「忘筌(ぼうせん)」

「忘筌」の由来は、中国の古典「荘子」の言葉 

魚を得て筌(せん)を忘れ、兎を得て蹄(てい)を忘れる 

筌は魚を捕る道具 
蹄はうさぎを捕る罠 

魚を捕ってしまえば、筌は不要 
うさぎを捕ってしまえば、蹄は不要 

目的は魚やうさぎをつかまえることであり、筌や蹄は * に過ぎない 

「目的と * を取り違えてはならない」という教え



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です