【神速名言】 佐々木 道誉 【婆娑羅大名 / 1296-1373】

やるなら * たねばの。

* てぬならやらぬがよい。

それを間違うようでは、先がおぼつかぬ。

●NHK大河ドラマ「太平記」第13回「攻防赤坂城」より引用 

近江源氏の佐々木道誉は、
足利尊氏の盟友として、室町幕府の創設に尽力した。

上記の台詞は、
決起するタイミングは時期尚早であるとして、
道誉が尊氏(当時は高氏)に忠告した言葉。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です