【暴落が来なかったらどうするの?】株価指数CFD ナスダック100【NDX】

【あらすじ】

物語の主人公、エディ王子はコロナバブルの崩壊を待っている。
それは、底値で買うのが最善だから、という理由である。

しかし、エディの妃、ローズはそうは思わなかった。
株価上昇トレンドに乗り損ねることを、なにより心配していた。

ローズ
ひたすら底値のタイミングを待っているけれど、
もし暴落が来なかったらどうするの?
エディ
正直なところ、悩みの種だ。ずっと考えている。
エディ
現在の株価上昇を見ていると、
株価の正当性を議論するなど、もはや無意味なのか?
と思う時もある。

今はバブルである。
上がるから買う、買うから上がる。
そういった状況だ。

それを重々承知の上で、儲ける人はしっかりと儲けている。

私は、そう割り切りができる人を尊敬する。
願わくば、私もそうありたいと思う。

されど、私は、株価指数CFDの初心者である。
レバレッジを利用して、資産を大きく増やしたいと願う初心者である。

ゆえに、エントリーのタイミングを重視する。
高値掴みで、暴落に見舞われたら元も子もない。

だから、株価が下がりきった底値を待つ。
負けないタイミングを待ち、安全確実にエントリーしたい。
コロナバブルがはじけるのを待つ理由は、そこにある。

私が今恐れているのは、
一言で申さば、機会損失である。

ローズが言うように、暴落が来なかったら、どうするのか?
そのことを、ずっと考えている。

押し目待ちで、押し目が来ないパターン。
底値待ちで、底値が来ないパターン。

手持ち資金を活用することなく、エントリーできずに終わってしまう。
それで良いのか?
ずっと考えている。

上昇トレンドに乗り損ね、後悔する結果になりはしないか?

高値掴みになるかもしれないと分かっていても、敢えてエントリーする。
そういった勇気も求められるのではないか?

暴落に見舞われ、資金を減らす失敗は許されない。
だが、待つばかりではトレンドに乗り遅れる。

勝利するにはリスクを取らねばならない。
私は今、大きな決断を迫られているように感じている。

2 件のコメント

  • 「暴落待ちに暴落無し」といいますからね。待ってらっしゃる20%超の暴落はそう頻繁に起きるものではないので、待ち続けてると機会損失になってしまうかもしれません。株価急落を待つにしても、もう少し条件を緩めてみてはいかがでしょうか。

    • 佐伯山さん、はじめまして。
      薔薇の艦隊のエディです。
      コメントをいただき、ありがとうございます。
      「待ち続けてると機会損失になってしまうかもしれません」
      まさに佐伯山さんのおっしゃる通りで、
      私も機会損失を懸念し、昨夜、ロングエントリーを敢行いたしました。
      人それぞれ、投資手法は千差万別であり、売買の判断基準もさまざまです。
      置かれている状況も違いますし、残された時間も違いますから、
      どんな投資手法が良いのかは、一律には決められないと思っています。
      そんななかで、相場の変動にどう対処するかは、
      投資家に課せられた永遠の課題といえるのかもしれません。
      つまるところ、本人が決めるべき自己責任の世界です。
      私の基本方針は、昨夜投稿した「令和式目」に示しましたが、
      あくまでも初心者の考えに過ぎませんので、万人に受け入れられるものだとは思っていません。
      そういう意味では、皆さんの投資手法に対する考え方に接することは、大変貴重であると思っています。
      今回、佐伯山さんからいただいた条件緩和の件、是非とも参考にさせていただきます。ありがとうございます。
      これからも、折にふれ、色々と教えてください。
      今後とも、よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です