【戦況報告】 2020年3月20日終値

ドルチェ
薔薇の艦隊の戦況を御報告申し上げます。

戦況報告は基本週一回を予定しております。

Ⅰ)薔薇の艦隊 株価推移

ドルチェ
はじめに、薔薇の艦隊の「株価推移」を御報告申し上げます。

① 直近一ヶ月


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

② 直近一年


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

③ 直近五年


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

ローズ
コロナショックが深刻の度合いを強めてきました。

新型コロナウイルスの感染拡大が世界規模で加速しています。
外出自粛要請や外出禁止命令による経済活動の停滞により、
サプライチェーンに打撃を与えています。

財務の弱い企業が資金繰りに窮する事態となっています。
このままでは、倒産件数が増加することが明白で、
終息時期の予想がつかない感染拡大に、市場はパニックに陥っています。

これを受け、薔薇の艦隊は、年初来安値を更新しました。

そんななか、2020年3月18日(水)
主旗艦マイクロソフト【MSFT】の押し目買いを実施しました。
単価$139.00
1株購入しました。

結果、マイクロソフト【MSFT】の保有株数は、
従来の378株から、379株へ増加しました。

薔薇の艦隊、全銘柄で株価暴落しているなかで、
特に暴落の度合いが顕著なのが、
護衛艦のディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】です。

年初、1月2日(木)の単価 $85.30(終値ベース)
→3月20日(金)の単価 $25.25(終値ベース)

年初来の下落率は、マイナス70%に達しています。

この銘柄は、ダイナースクラブのクレジットカード会社ですが、
業種としては、
ローンを手掛ける「金融セクター」としての位置づけであり、
世界的金融危機勃発への懸念から、
大きく売り込まれる展開になっています。

ドルチェ
比較のために、ナスダック100【NDX】と、
GAFA【GOOGL / AAPL / FB / AMZN】の株価推移です。

① 直近一ヶ月


青:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
赤:アルファベット【GOOGL】 Alphabet Inc.
緑:アップル【AAPL】 Apple Inc.
黄:フェイスブック【FB】 Facebook Inc.
紫:アマゾン・ドットコム【AMZN】 Amazon.com Inc.

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

② 直近一年


青:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
赤:アルファベット【GOOGL】 Alphabet Inc.
緑:アップル【AAPL】 Apple Inc.
黄:フェイスブック【FB】 Facebook Inc.
紫:アマゾン・ドットコム【AMZN】 Amazon.com Inc.

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

③ 直近五年


青:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
赤:アルファベット【GOOGL】 Alphabet Inc.
緑:アップル【AAPL】 Apple Inc.
黄:フェイスブック【FB】 Facebook Inc.
紫:アマゾン・ドットコム【AMZN】 Amazon.com Inc.

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

エディ
あらためて、米国株ポートフォリオ「薔薇の艦隊」の運用について、
基本方針をおさらいしよう。

【基本方針】

①目的
薔薇の艦隊は「インカムゲインの最大化」を目的とする。

②アプローチ
薔薇の艦隊は「旗艦」と「護衛艦」から構成されるものとし、
インカムゲインの最大化を図るため、それぞれに異なるアプローチ機能をもたせる。

旗艦:成長軌道検証銘柄(増配ポテンシャルに着目したアプローチ)
護衛艦:複利効果検証銘柄(配当再投資に着目したアプローチ)

③旗艦
旗艦は下記三銘柄とする。

主旗艦:マイクロソフト【MSFT】
第一副旗艦:ビザ【V】
第二副旗艦:マスターカード【MA】

④護衛艦
護衛艦は下記一銘柄とする。

護衛艦:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】

⑤配当再投資
旗艦と護衛艦から得られる配当金については、
これを全額、護衛艦へ再投資する。

⑥追加投入
毎月一回、追加投資資金を護衛艦の買付に投入する。

Ⅱ)薔薇の艦隊 評価額

ドルチェ
次に、薔薇の艦隊の「評価額」を御報告申し上げます。

Ⅲ)薔薇の艦隊 評価益

ドルチェ
続きまして、薔薇の艦隊の「評価益」を御報告申し上げます。

プラスなら「含み益」、マイナスなら「含み損」となります。

Ⅳ)旗艦 評価益

ドルチェ
さらに、旗艦三銘柄の「評価益」を御報告申し上げます。

① 主旗艦: マイクロソフト【MSFT】

② 第一副旗艦: ビザ【V】

③ 第二副旗艦: マスターカード【MA】

Ⅴ)護衛艦 評価益

ドルチェ
最後に、護衛艦の「評価益」を御報告申し上げます。

護衛艦: ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】

Ⅵ)所感

エディ
薔薇の艦隊の編成は「現状維持」とする。

護衛艦の株価暴落が顕著であるが、
基本方針に則り、粛々と購入を進める。

それにしても、GAFAの一角、アマゾン・ドットコム【AMZN】は強い。
コロナショックをものともしない。まさに免疫を持っているが如し。
無配銘柄だから、薔薇の艦隊に追加する予定はないが、
暴落耐性をみる上で、非常に興味深い。

「空母建造プロジェクト」の進捗報告は、
リーダーのマリア少将、よろしく頼む。

Ⅶ)空母建造プロジェクト

マリア
プロジェクトの進捗状況について報告します。

まず、殿下の訓示をおさらいします。

【エディ王子の訓示】

今後、第二のリーマンショックが到来したとき、
株価暴落の「底値」のタイミングを見極め、
その時点で、現物株から株価指数CFD(ナスダック100【NDX】)
に全面的に切り替えたいと思う。

これはとても重要な意味を持つ。
薔薇の艦隊の編成が、「戦艦」から「空母」へ変貌することを意味するからだ。

「空母」を称する理由は、
買いから参戦するロング、売りから参戦するショート、
強制決済を意識した、ハイリスク・ハイリターンの取引は、
さながら「空中戦」を連想させるからだ。

さらに、ナスダック100【NDX】は、
ナスダック上場の精鋭百銘柄で構成されている。
これはすなわち、空母の艦上に搭載された「百機の戦闘機」のようなものだ。

第二のリーマンショック到来後、我々は空母による戦いで勝ちに行く。

よって、市況の変化を常時観測する専門部隊の正式名称は、
「空母建造プロジェクトチーム」とする。

2020年2月16日(日)投稿記事
【戦況報告】 2020年2月14日終値 より引用

マリア
殿下の訓示にありますように、
市況の変化を常時観測し、株価暴落の「底値」のタイミングを見極めること。
これが、私たち「空母建造プロジェクトチーム」のミッションです。

今朝のコロナショック速報でお伝えしましたが、
2020年3月20日(金)終値現在の直近乖離率は、
ついに、マイナス50%に達しました。

グラフでウォッチしているイエローラインに到達したことになります。

エディ
今朝のコロナショック速報で話したように、
グラフのイエローライン(マイナス50%)に到達した今、
株価指数CFDの口座開設に着手する。

執事ドルチェ、現実世界との橋渡し役は、そなたにしかできない。

かねてより決めていた証券会社「GMOクリック証券」について、
株価指数CFDの口座開設の手続きを始めるのだ。

ドルチェ
はい、かしこまりました。
エディ
口座開設後、次のレッドライン
(直近乖離率:マイナス150%)までどれだけ時間を要するか?

従来の金融危機と異なり、下落のペースが異常に早い。
背景には、情報技術の進歩がある。
AI(人工知能)による「超高速取引(略称:HFT)」の存在だ。

今後どこまで暴落するか、予断を許さない状況だ。

我々は、どんな状況になっても、
右往左往することなく、粛々と戦いを続けることが重要だ。

(次週に続く)

ドルチェ
オザワークスさん、コメントに御返答いただき、誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

 2020年3月19日 米国株CFD口座の証拠金維持率が急速に低下。血の涙を流しながらGMを売却して対処する

ドルチェ
公認会計士のHiroさん、コメントに御返答いただき、誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

 2020年2月28日 計算か恐怖か、株が売られている理由はどちらか?

ドルチェ
和製バフェットさん、コメントに御返答いただき、誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

和製バフェットのシークレットポートフォリオZ 2020年3月20日 2020年2月のブログPV&収益

6 件のコメント

  • エディ王子様、こんにちは^ ^
    ブログ休止の文字を拝見して心配しておりましたが
    再開されるようで安堵致しました。

    私の扱う外国為替でも毎日の乱高下に
    普段の数倍のリスクを背負うトレードになります。
    そして、今後の投資について考える良い機会にもなっております。

    市場もさることながら、実生活でも不安な毎日です。

    ブログの更新も負担になる事と思いますが
    外国株について勉強させて頂いているサイトなので
    無理のない更新を楽しみにしております。

    人で言うと体が資本です。
    自分自身の心と体の健康は大切な資産ですね。
    エディ王子様、体調を崩されませんようご自愛くださいm(__)m

    • mackeyさん、こんにちは。
      薔薇の艦隊のエディです。
      コメントいただき、ありがとうございます。
      新型コロナウイルス感染拡大で、生活不安が増大しています。
      当面、忍耐の日々が続きそうですね。
      mackeyさんも、体調管理には御留意ください。
      コロナショックで、為替も激動していますね。
      FXで退場を余儀なくされる人、反対に大きく儲ける人、勝敗の二極化が進む局面ですね。
      「相場観を磨く」という意味では、FXで勝ち残っている方の言葉は重みがあります。
      これからも、色々と教えてください。よろしくお願いいたします。
      米国株は長期的にみれば、右肩上がりです。
      よって、信用取引でない限り、保有継続が基本となります。
      私は、嵐(コロナショック)がおさまるまで「静観するのが最善」と判断し、
      休戦協定の締結(ブログ休止)を発表しました。
      しかし、舌の根の乾かぬ内に、一夜にして、休戦協定を破棄するに至ったのは、
      複数の読者から御指摘をいただいたからです。
      「ブログを休んで、逃亡と誤解されてもいいのか」という御指摘です。
      「静観」のつもりが「逃亡」と誤解を招くのは、私の本意ではありません。
      よって、ブログを再開しました。
      これからも、無理のない更新を心がけてまいります。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  • 王子、お疲れ様です。
    CFDの件、上手くいくと良いですね!

    あと投資とは関係なしにキャラクターのテーマ曲選定も
    私中々好きですよ(笑)
    安室ちゃんといいロマサガといいドストライクですww
    熱情の律動は最高すぎる
    bodyFeelEXITも最高すぎる
    実は歳が近い疑惑な気がしてきましたww

    • ☆りゅ~☆さん、こんにちは。
      薔薇の艦隊のエディです。
      コメントいただき、ありがとうございます。
      「CFDの件、上手くいくと良いですね!」
      →ありがとうございます。まずは、口座開設からです。
      執事ドルチェに口座開設の進捗報告を命じていますので、楽しみにお待ちください。
      現物株で静観するも良し、CFDで攻めに転ずるも良し、様々な選択肢があり、投資は楽しいですね。
      道は八方にあり、いくらでも挽回できると思っていますので、気持ちはとても安らかです。
      「あと投資とは関係なしにキャラクターのテーマ曲選定も私中々好きですよ(笑)」
      →ありがとうございます。独断と偏見で選曲していますが、☆りゅ~☆さんと好みが合って嬉しいです。
      「実は歳が近い疑惑な気がしてきましたww」
      →では、一応そういうことにしておきましょうか(笑)
      SNSが苦手な、古風な人間ですが(笑)
      そうそう、そういえば、☆りゅ~☆さんのツイッター、昨日初めて見ましたよ。
      ぽすと画伯にイラストを描いてもらったんですね。
      なかなか、イケメンじゃないですか!さすが、元ホスト!
      そのルックスで、世の女性をどれだけ泣かせてきたんですか?
      罪作りな男ですよね、☆りゅ~☆さんって。(勝手に決めつける)
      これからも、よろしくお願いします!

  • ここ最近の地合いですと全てがボロボロで自信喪失気味となっていますww
    王子は何か基準を持ってしてマスターカードが買い時と判断されてますか?
    あ、あとちなみMSFTもこないだ買ったんですよ!
    (今となっちゃだいぶ高値)

    おぉ!!王子もTwitterやられてますか!?
    そうですぽすと画伯に書いて頂きました❤
    いやー泣かせた女性の数は星の数…ww
    王子Twitterやられていたら友達申請して頂ければ喜んで承認致しますぞ!

    • ☆りゅ~☆さん、こんにちは。

      薔薇の艦隊のエディです。
      自信喪失、そんな気に病むことはまったくありませんよ。
      プロの投資家でも、損失を出しているんですから。コロナショックで。
      むしろ、常に勝っているのが珍しいことです。
      これまでは、長期間、株価上昇で、含み益が増え、安心できていただけです。
      こういう暴落も十年に一度は必ずあります。
      長期投資家は、こういうときこそ、少しずつ、買い増しを続けていけばいいのです。
      「王子は何か基準を持ってしてマスターカードが買い時と判断されてますか?」
      →マスターカード【MA】に限った話ではありませんが、
      コロナショックでほとんどすべての銘柄が暴落しています。
      マスターカードは平時において、財務がとても強いです。
      不況になっても、生き残っていける強い生命力があります。
      そういう財務の底力のある企業は、暴落において買いの好機です。
      私のブログで、コロナショック速報を見ていただいていると思いますが、
      ナスダック100【NDX】、つまりハイテクの精鋭百銘柄全体で、
      先日、乖離率がマイナス50%を記録しました。
      これは、リーマンショック級を除けば、いったん底入れしてもおかしくない水準です。
      (実際に、昨晩の急騰劇で、マイナス24%まで戻しました。)
      リーマンショックのときは、一番底で乖離率マイナス48%でリバウンドした後、
      二番底で乖離率マイナス205%を記録する大暴落になりましたが、
      今回のコロナショックで、リーマンショック級の乖離が起こるかは、
      ウォッチを続けてみないとわかりません。
      底を当てることは正直難しいため、
      いきなり大きな全額を投入するのではなく、
      少しずつ、押し目買いをするのが、とても賢いと思っています。
      長期的にみれば、買い時だと思ってます。

      「あ、あとちなみMSFTもこないだ買ったんですよ!(今となっちゃだいぶ高値)」
      →マイクロソフト【MSFT】も強い財務を持っていますし、
      法人向けの需要がなくなることはまず考えられませんので、
      経営破綻の心配はいりません。株が紙くずになる心配はないです。
      ある意味ETFを持っているのと同じくらいの、株価下落耐性があります。
      だから私はマイクロソフトを、薔薇の艦隊の主旗艦に置いています。
      相場の綾で儲けようと思うと、
      もっと高く売れたのに、とか、もっと安く買えたのに、とか、
      悔しい思いをすることが多々あります。
      しかし、そうではなしに、長い目で、毎年増えていく配当を楽しみにしていれば、
      この暴落も、優良企業の株を安く買える「バーゲンセール」と思えてきます。
      繰り返しになりますが、少しずつ、押し目買いをするのが賢明です。
      米国株は長期的にみれば、右肩上がりですので、
      コロナショックが終焉すれば、暴騰が待っていると思います。
      楽しみですね。
      「王子Twitterやられていたら友達申請して頂ければ喜んで承認致しますぞ!」
      →ありがとうございます!
      SNS苦手ですが、どうしようか、検討してみます。
      これからも、よろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です