【銘柄格付】 味の素株式会社【JPX: 2802】Ajinomoto Co., Inc. 2019年11月28日終値

エディ
常にあるべき姿を追求し、変えるべきは変えていく。

そして、薔薇の艦隊は、必ず百年戦争(人生百年時代)に勝利する。

銘柄格付を通して、前途有望な米国株銘柄を探求しよう!

※今回は、米国株ではなく、日本株を取り上げます。

ドルチェ
今回は、うま味調味料「味の素」を看板商品とする日本の食品企業、
味の素株式会社【JPX: 2802】を独自基準で銘柄格付します。

【データソース】株価推移は Bloomberg、財務推移は Morningstar です。

Ⅰ)株価推移 直近五年 ※橙はS&P500指数ETF【IVV】


●IVVは、2019年11月27日終値(日本時間2019年11月28日 6:00)
●2802(味の素)は、2019年11月28日終値(日本時間2019年11月28日 15:00)

Ⅱ)財務推移 直近五年

Ⅲ)審査

①【株価推移】
直近五年でS&P500指数をアウトパフォーム
※最新終値ベース

→非該当: 加点なし(0点)

②【売上高】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

③【フリーキャッシュフロー】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

④【配当総額】
直近五年で一貫して有配かつ増配
※増配は一株ベースではなく総額ベース

→非該当: 加点なし(0点)

⑤【フリーキャッシュフロー / 売上高】
直近五年で一貫して20%以上を維持

→非該当: 加点なし(0点)

エディ
コーポレートメッセージ「Eat Well, Live Well.」のCMで知られる味の素。

2019年11月28日、
50歳以上の管理職、約800人を対象に、100人の希望退職者を募ると発表した。
募集期間は来年2020年1月6日から3月13日までの予定。

同社では早期退職制度は従来から存在していたが、
募集期間を限定して行うのは初めてである。

同社広報によると、
募集の理由は「事業環境の激しい変化のなかを勝ち抜いていくため、
黒字である今だからこそ構造改革を進めていく必要がある。」

同社の強みは、うま味成分「アミノ酸」の知見にある。

この知見を活かし、下記の商品カテゴリーを展開している。
なお、各カテゴリーに代表商品を付記する。

①調味料「味の素」
②加工食品「クノール・カップスープ」
③甘味料「パルスイート」
④アミノ酸含有食品「アミノバイタル」
⑤栄養ケア食品「経口補水 アクアソリタ」
⑥飲料「コーヒー AGFブレンディ」
(子会社、味の素AGF株式会社による製造販売)

同社が認識する経営課題は、
デジタル革命が進む中、市場の細分化、
競争激化が進んだことによる食品事業の成長鈍化の顕在化に対し、
重点事業への選択と集中を推進し、構造改革を断行すること。

今回の希望退職者募集は、その一環である。

財務推移を見ると、収益力の弱さが確認できる。

「持続的成長への回帰」を目指す同社の今後に期待したい。

Ⅳ)格付 ※最高評価は五つ星。最低評価は星なし。

ローズ
厳正なる審査の結果、
味の素株式会社【JPX: 2802】の格付は【星なし】となりました。
ドルチェ
個人の感想です。運用成果を保証するものではありません。

投資決定は自己責任でお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です