【銘柄格付】 ペプシコ【PEP】PepsiCo, Inc.  2019年9月13日終値

エディ
常にあるべき姿を追求し、変えるべきは変えていく。

そして、薔薇の艦隊は、必ず百年戦争(人生百年時代)に勝利する。

銘柄格付を通して、前途有望な米国株銘柄を探求しよう!

ドルチェ
今回は、「ペプシコーラ」「トロピカーナ」「ドリトス」等のブランドで知られる
ソフトドリンク・スナック菓子メーカー、ペプシコ【PEP】を
独自基準で銘柄格付します。

【データソース】株価推移は Bloomberg、財務推移は Morningstar です。

Ⅰ)株価推移 直近五年 ※橙はS&P500指数ETF【IVV】

Ⅱ)財務推移 直近五年

Ⅲ)審査

①【株価推移】
直近五年でS&P500指数をアウトパフォーム
※最新終値ベース

→非該当: 加点なし(0点)

②【売上高】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

③【フリーキャッシュフロー】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

④【配当総額】
直近五年で一貫して有配かつ増配
※増配は一株ベースではなく総額ベース

→該当: 加点あり(1点)

⑤【フリーキャッシュフロー / 売上高】
直近五年で一貫して20%以上を維持

→非該当: 加点なし(0点)

エディ
ペプシコ【PEP】は「ペプシコーラ」のブランドで、
コカ・コーラ【KO】に対抗する好敵手である。

両雄には業態の違いがある。
コカ・コーラ【KO】が、飲料系一系統であることに対して、
ペプシコ【PEP】は、飲料系とスナック菓子系の二系統から構成されている。

そういう意味では、ペプシコ【PEP】のほうにリスク分散の優位性がある。

ただし、コカ・コーラ【KO】は、
もはやリスク分散すら不要といえるほどの
強大なブランド力を保有していることから、
実質的に両雄甲乙つけがたいものがある。

ペプシコ【PEP】の財務推移を見て感じることは、株主還元に積極的な成熟企業。

自身のブランド力を活用し、
世界各国の飲料メーカーと提携して販路を確保していることからしても、
どこか鷹揚(おうよう)な感がある。

少なくとも巨大IT企業群「GAFA」のような貪欲さはあまり感じられない。

安定性はあるものの成長性に欠けることが難点である。

特に、近年フリーキャッシュフローの減少傾向が懸念材料として挙げられる。

フリーキャッシュフローは配当原資であることから、
毎年増加し続けることが望ましい。
そういった力強い成長性があってこそ、
インカムゲインを長期に渡って享受できるのだ。

ペプシコ【PEP】からはそういった力強さを感じないがゆえに、
長期保有に適した銘柄とは言えないと考えている。

将来、減配リスクに直面する可能性が高く、
その際は、株価も大きな下落に見舞われる危険性が高い。

Ⅳ)格付 ※最高評価は五つ星。最低評価は星なし。

ローズ
厳正なる審査の結果、ペプシコ【PEP】の格付は【一つ星】となりました。
ドルチェ
個人の感想です。運用成果を保証するものではありません。

投資決定は自己責任でお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です