【戦況報告】 2020年1月31日終値

ドルチェ
薔薇の艦隊の戦況を御報告申し上げます。

戦況報告は基本週一回を予定しております。

Ⅰ)薔薇の艦隊 株価推移

ドルチェ
はじめに、薔薇の艦隊の「株価推移」を御報告申し上げます。

① 直近一ヶ月


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

② 直近一年


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

③ 直近五年


青:マイクロソフト【MSFT】 MICROSOFT CORP(主旗艦)
赤:ビザ【V】 VISA INC CLASS A(第一副旗艦)
緑:マスターカード【MA】 MASTERCARD INC A(第二副旗艦)
黄:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】 DISCOVER FINANCIAL SERVICES(護衛艦)

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

ローズ
直近一週間の動向です。

ポイントは二つあります。

①旗艦三銘柄の決算発表

●主旗艦マイクロソフト【MSFT】
→ 市場予想を上回る好決算(2020年1月29日発表)

●第一副旗艦ビザ【V】
→ 市場予想を下回る売上高(2020年1月30日発表)

●第二副旗艦マスターカード【MA】
→ 市場予想を上回る好決算(2020年1月29日発表)

②新型コロナウイルスによる肺炎(新型肺炎)の影響

2020年1月30日(木)夜(日本時間31日(金)未明)
スイス・ジュネーブの世界保健機関(WHO)は、
新型肺炎で緊急事態宣言を発表しました。

初動の機を逸し、中国武漢から世界中に蔓延する新型肺炎が市場心理を冷やし、
2020年1月31日(金)米国主要株価指数は大幅下落となりました。

この影響を受け、薔薇の艦隊の【MSFT】と【MA】は、
好決算を帳消しにする株価下落となりました。

一方、市場予想を下回る決算となった【V】は、新型肺炎の不運が重なり、
2020年1月31日(金)終値ベースで、前日比マイナス4.44%の急落となりました。

今回の決算で【V】が「成長軌道」から逸脱したことが明確になりました。

※決算内容は、下記リンクを御参照ください。 

マイクロソフト【MSFT】 2020年1月29日(水)決算発表

ビザ【V】 2020年1月30日(木)決算発表

マスターカード【MA】 2020年1月29日(水)決算発表

ドルチェ
比較のために、ナスダック100【NDX】と、
GAFA【GOOGL / AAPL / FB / AMZN】の株価推移です。

① 直近一ヶ月


青:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
赤:アルファベット【GOOGL】 Alphabet Inc.
緑:アップル【AAPL】 Apple Inc.
黄:フェイスブック【FB】 Facebook Inc.
紫:アマゾン・ドットコム【AMZN】 Amazon.com Inc.

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

② 直近一年


青:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
赤:アルファベット【GOOGL】 Alphabet Inc.
緑:アップル【AAPL】 Apple Inc.
黄:フェイスブック【FB】 Facebook Inc.
紫:アマゾン・ドットコム【AMZN】 Amazon.com Inc.

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

③ 直近五年


青:ナスダック100【NDX】 NASDAQ 100 Stock Index
赤:アルファベット【GOOGL】 Alphabet Inc.
緑:アップル【AAPL】 Apple Inc.
黄:フェイスブック【FB】 Facebook Inc.
紫:アマゾン・ドットコム【AMZN】 Amazon.com Inc.

橙:米国株S&P500指数ETF【IVV】 iシェアーズ S&P500 ETF(神聖アケルナル帝国)

エディ
あらためて、米国株ポートフォリオ「薔薇の艦隊」の運用について、
基本方針をおさらいしよう。

【基本方針】

①目的
薔薇の艦隊は「インカムゲインの最大化」を目的とする。

②アプローチ
薔薇の艦隊は「旗艦」と「護衛艦」から構成されるものとし、
インカムゲインの最大化を図るため、それぞれに異なるアプローチ機能をもたせる。

旗艦:成長軌道検証銘柄(増配ポテンシャルに着目したアプローチ)
護衛艦:複利効果検証銘柄(配当再投資に着目したアプローチ)

③旗艦
旗艦は下記三銘柄とする。

主旗艦:マイクロソフト【MSFT】
第一副旗艦:ビザ【V】
第二副旗艦:マスターカード【MA】

④護衛艦
護衛艦は下記一銘柄とする。

護衛艦:ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】

⑤配当再投資
旗艦と護衛艦から得られる配当金については、
これを全額、護衛艦へ再投資する。

⑥追加投入
毎月一回、追加投資資金を護衛艦の買付に投入する。

Ⅱ)薔薇の艦隊 評価額

ドルチェ
次に、薔薇の艦隊の「評価額」を御報告申し上げます。

Ⅲ)薔薇の艦隊 評価益

ドルチェ
続きまして、薔薇の艦隊の「評価益」を御報告申し上げます。

プラスなら「含み益」、マイナスなら「含み損」となります。

Ⅳ)旗艦 評価益

ドルチェ
さらに、旗艦三銘柄の「評価益」を御報告申し上げます。

① 主旗艦: マイクロソフト【MSFT】

② 第一副旗艦: ビザ【V】

③ 第二副旗艦: マスターカード【MA】

Ⅴ)護衛艦 評価益

ドルチェ
最後に、護衛艦の「評価益」を御報告申し上げます。

護衛艦: ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ【DFS】

Ⅵ)所感

エディ
薔薇の艦隊の編成は「現状維持」とする。

成長軌道から逸脱したビザ【V】の処置は私が決める。
艦隊再編は私の専権事項だ。

目下の課題「レバレッジ投資導入による米国株投入資金の増額」について。
前週、次のように述べた。

手数料や調整額以外に、注意すべき費用はないか?
今一度、精査せよ。

2020年1月26日(日)投稿記事
【戦況報告】 2020年1月24日終値 より引用

エディ
ドルチェ、手数料や調整額以外に、注意すべき費用はなにか?
ドルチェ
スプレッドです。
ローズ
つまり、売値と買値の差のことね。
ドルチェ
はい、妃殿下。

売値と買値の差が大きいほど、取引にかかる費用が高くつきます。

したがいまして、証券会社を選ぶときは、
売値と買値の差が、できるだけ小さいところを選ぶべきです。

エディ
よし、ならばこうしよう。

あらかじめ選定候補に挙がっている三つの証券会社
(GMOクリック証券、サクソバンク証券、IG証券)のうち、
費用の観点から、もっとも有利に取引できる証券会社はどれか?

年初の指示を繰り返すが、マトリックスを提示せよ。
手数料、調整額、スプレッドを比較するのが目的だ。(次週に続く)

ドルチェ
和製バフェットさん、コメントに御返答いただき、誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

和製バフェットのシークレットポートフォリオZ 2020年1月30日 ハイテクアンチおじさんへ、仕事で使っているアプリの紹介する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です