【銘柄格付】 ティファニー【TIF】Tiffany & Co. 2019年9月24日終値

エディ
常にあるべき姿を追求し、変えるべきは変えていく。

そして、薔薇の艦隊は、必ず百年戦争(人生百年時代)に勝利する。

銘柄格付を通して、前途有望な米国株銘柄を探求しよう!

ドルチェ
今回は、ジュエリーブランド「ティファニー」で知られる米国の宝飾品企業、
ティファニー【TIF】を独自基準で銘柄格付します。

【データソース】株価推移は Bloomberg、財務推移は Morningstar です。

Ⅰ)株価推移 直近五年 ※橙はS&P500指数ETF【IVV】

Ⅱ)財務推移 直近五年

Ⅲ)審査

①【株価推移】
直近五年でS&P500指数をアウトパフォーム
※最新終値ベース

→非該当: 加点なし(0点)

②【売上高】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

③【フリーキャッシュフロー】
直近五年で一貫して増加

→非該当: 加点なし(0点)

④【配当総額】
直近五年で一貫して有配かつ増配
※増配は一株ベースではなく総額ベース

→該当: 加点あり(1点)

⑤【フリーキャッシュフロー / 売上高】
直近五年で一貫して20%以上を維持

→非該当: 加点なし(0点)

エディ
世界五大ジュエラーのひとつ、ティファニー。

そのカンパニーカラーは「ティファニーブルー」と呼ばれる美しい青緑色だ。
由来は、コマドリの卵の色。

創業者チャールズ・ルイス・ティファニーは、
特別な包装箱「ティファニーブルーボックス」を考案した。
また、ダイヤモンドに対する揺るぎない情熱の持ち主として知られ、
「The King of Diamonds」と称された。
1886年発表の「ティファニー セッティング ダイヤモンド エンゲージメント リング」
は、彼の偉大な業績のひとつだ。
情熱をもって道を究め、宝飾史に名を残した英雄といえるだろう。

宝飾品は、豊かさの象徴である。
宝石のきらめきが心に与える効能は数字では測れないものがある。
決して生活必需品ではないが、人は生活必需品だけでは満足しない。
それ以上の「何か」を求めて生きている。そのひとつの表れが宝飾品。
そういう意味で、宝飾関連銘柄を保有することは、相当な「通」なのかもしれない。

株価推移をみると、S&P500指数に劣後している。
しかし、財務推移をみると、配当は着実に増加させており、
株主還元を意識した経営をしていることがわかる。

懸念材料は、配当原資となるべきフリーキャッシュフロー。
心もとない印象だ。今後も増配を継続できるのか疑義がある。

ただし、富裕層の宝飾品への購買意欲は、
決して衰えることはないと考えられるため、
事業自体に不安はなく、無配転落の危険性は低いとみている。

Ⅳ)格付 ※最高評価は五つ星。最低評価は星なし。

ローズ
厳正なる審査の結果、ティファニー【TIF】の格付は【一つ星】となりました。
ドルチェ
個人の感想です。運用成果を保証するものではありません。

投資決定は自己責任でお願いいたします。

2 件のコメント

  • さっそく王子自らの銘柄格付け、このねずみ男感嘆の極みでございます。(へぼ詩人風)
    星一つ頂けただけでも、うれしゅうございます。
     (宝飾関連銘柄を保有することは、相当な「通」なのかもしれない。)
    上記のコメントに対して身ばれ覚悟で発言を致しますが、
    私の知る限りではありますが上場企業で働かれている女性たちの間では、ティファニーは大変人気があります。
    (私の経験上、ブルガリ、カルティエ、ティファニー、の3巨頭が好まれていました。)
    それと昔々の話ではありますが、女性にプレゼントして大変喜ばれた事がございました。
    エディ王子様、この度の銘柄格付け誠にありがとうございます。

    • こんばんは、ねずみ男さん。

      薔薇の艦隊のエディです。

      どういたしまして。こちらこそ光栄です。

      「上場企業で働かれている女性たちの間では、ティファニーは大変人気があります。」

      美しいものに対する女性の購買力。その視点も重要ですよね。

      お金を掛け始めたらきりがない世界。値段が青天井につく業界ですね。宝飾業界は。

      そういう世界は、「価格競争」の世界とは一線を画します。そこが強みだと感じます。

      ちなみに、米国株ではありませんが、欧州株のモエヘネシー・ルイヴィトン【LVMH】も魅力的ですね。

      LVMHの株は、私もかつて保有していたことがあります。

      そういう意味で、ねずみ男さんとは、価値観が近いかもしれませんね。

      御縁をいただいたことに感謝します。今後ともよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です